×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大覚寺・天保九戌年の地蔵座像

大覚寺瀬戸川堤防上で最古の地蔵?

大覚寺・天保九戌年の地蔵座像

大覚寺・天保九戌年の地蔵座像

大覚寺・天保九戌年の地蔵座像、アップ

地蔵

大覚寺・天保九戌年の地蔵座像、周辺

瀬戸川堤防道路わき

解説

光背に「天保九戌年七月」と刻まれています。また、地蔵手前の土台のコンクリートに「09.5.吉日」と彫られています。こちらの日付はおそらく設置場所の整備をしたのが2009年5月だということでしょう。

焼津市大覚寺の瀬戸川堤防上には多数の地蔵が祀られているのですが、年号が判明しているもののうちではこの地蔵がもっとも古いのではないでしょうか。