×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大覚寺・竹薮前の地蔵

瀬戸川左岸堤防上の地蔵立像2体

大覚寺・竹薮前の地蔵

大覚寺・竹薮前の地蔵

大覚寺・竹薮前の地蔵、顔

黒い線で顔が描いてある

大覚寺・竹薮前の地蔵、周辺

周辺の様子

解説

瀬戸川左岸堤防上、国道150号新瀬戸川橋の上流側に繁っている竹薮の前に、よく似た姿の地蔵立像が2体並んでいます。

向かって右の1体は頭が無くなっており、かわりに石が据えられています。この顔がわりの石には、目と口と思われる横線が描き加えられています。左の像にも閉じた目が描いてありました。

2013年3月に訪れた際には、地蔵の前に竹で作った門のようなものが建てられていました。おそらく供養の際に建てたものと思われます(盆棚に飾る竹のような感じで……あれはなんという名称なのでしょうか)。

似たような像が並んでいることから、右が古い像で左は新しく再建されたものかと考えましたが、風化具合からはそれほど年代が離れているようには見えません。

関連項目
ちょっと似てる、大覚寺の瀬戸川右岸に並ぶ地蔵立像2体:頭がない地蔵立像2体
参考文献
瀬戸川堤防の石仏:大覚寺(左岸18)(写真 l18.jpg
大井川と瀬戸川の自然風景:瀬戸川流域の地蔵群(20)
お仏壇のやまき[お盆用品カタログ]志太・榛原地区平盆棚の飾り方