×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

祢宜島の紀伊國川中島八兵衛と延命地蔵堂

祢宜島の紀伊國川中島八兵衛

祢宜島の紀伊國川中島八兵衛

祢宜島の紀伊國川中島八兵衛、銘

銘文

祢宜島の紀伊國川中島八兵衛、周辺

右奥のカーブミラー付近が推定旧地

碑の内容
  • 大正元年
    紀伊國川中島八兵衛
    八月十五日
解説

現在は延命地蔵堂墓地の片隅に安置されていますが、『大富村史』によると元は“下祢宜島の川の傍ら”に祀られていたとのことです。『焼津市史』などによると、旧地は延命地蔵堂の西沿いの道路を南下して最初に出合う交差点の脇だったようです。この交差点には蓋をされた太めの水路が流れていますが、これが『大富村史』にある川だったのでしょうか。『焼津市史』の発行が2007年なので、地蔵堂への移転は近年に行われたものと思われます。

祢宜島の延命地蔵堂

祢宜島の延命地蔵堂

祢宜島の延命地蔵堂

『焼津市誌』によると、祢宜島の延命地蔵堂がある墓地は、昔は子供の墓地とエナバだったといいます。エナバというのは胞衣場、すなわち胎盤などの後産を埋める場所のことです。昔は後産は地中に埋めて処理した例が多く、埋め方の良し悪しが子供の成長に影響すると考えられていました。

地蔵堂内には石造の地蔵立像と役行者の木像が祀られています。『焼津市史』によると、地蔵の台座には“享保七壬寅(1722年)”とあるが、ここに祀られた時期はそれ以前に遡ると伝えられているそうです。地蔵像には金箔や赤い塗料が残っていて元は美しく彩色されていたと推定されているのですが、堂の外からそれを確認するのは難しいです。役行者像にはわらじが供えられており、これは足の病に御利益があるとされるため、願掛けのお果たしに奉納されたものとのことです。

参考文献
川中島八兵衛参考文献リスト
大富村編『大富村史』1981年(1954年に発行されたものの復刻版)
焼津市誌編纂委員会編『焼津市誌』下巻、1971年
大井川町史編纂委員会編『大井川町史』下巻、1992年
焼津市史編さん委員会編『焼津市史』民俗編、2007年