×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御仮屋の[川中?]嶋八兵衛之墓

[川中?]嶋八兵衛之墓

[川中?]嶋八兵衛之墓

[川中?]嶋八兵衛之墓、碑正面

碑正面

[川中?]嶋八兵衛之墓、左下の文字

碑左下の文字

[川中?]嶋八兵衛之墓、三昧所

三昧所のお堂と八兵衛碑

碑の内容
  • [欠損]嶋八兵衛之墓
    [碑左端に文字が刻まれているようだが読み取れず、下4文字は「村内安全?」]
解説

現状読み取れるのは「嶋八兵衛之墓」という文字だけですが、碑の頭部に大きく欠けたらしい跡があり、その失われた部分に「川中」の字があったのではないかと思われます。

碑左端の文字は、『静岡県史』には「村中安全」とありますが、私には「村内安全」と見えたので、一応見たとおりを書いておきます。また、この上にも文字のような線が見えました。私が訪れた時は逆光だったため文字が非常に読み取りづらかったのですが、日の当たり具合が良ければもう少しはっきりと見ることができそうです。

現在この八兵衛碑が祀られているのは「三昧所」というお堂がある墓地ですが、『静岡県史』などによると以前は墓地北西の伊太谷川・八六橋南東の住宅地内に安置されていたそうです(このへん)。現在の旧地付近はごく普通の住宅地で、往時をしのばせるものはありません。国土地理院空中写真「USA-M85A-6-210[1]で旧地のようすを見てみると、伊太谷川旧流路沿いに家が何軒か集まった小さな集落の川に面したところが、八兵衛碑が安置されていた場所だったようです。

脚注

  1. 2016年2月現在、写真の南北が逆に表示されています。正しい向きにするには、写真を表示したのち、画面右上の「回転モード」をクリック → 写真の右端を2回クリック → 画面右上の移動モードをクリックしてください。なお、御仮屋八兵衛碑旧地は写真中央付近にあります。伊太谷川・大津谷川合流点を目印に探すとわかりやすいでしょう。

参考文献