×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中新田北島の西國川中島八兵衛

西國川中島八兵衛

西國川中島八兵衛

西國川中島八兵衛、銘

表と左側面の銘

西國川中島八兵衛、八兵衛碑と庚申塔

八兵衛碑と庚申塔

西國川中島八兵衛、周辺

周辺の様子

碑の内容
  • 表:明治廿九年
      西國川中島八兵衛
      七月十五日
  • 左:北島
解説

道路わきに「天保」の文字が見える庚申塔とともに安置されています。この道路はそう遠くない未来に県道226号として改修されるものと予想され、その時にはもしかしたらこれらの碑はどこかへ移転することになるかもしれません。

ところで、『大井川町史』によると焼津市中新田では八兵衛供養祭のさいに「山八ツ谷九ツ身一ツ、西國紀伊國河中嶋八郎兵衛、我行末ハ柊ノ里」と刷られたお札を配布するのだそうです。ところが、中新田では5ヶ所に八兵衛碑が建立されており、そのうちのどこでこのお札を出すのかがわからないのです。

5ヶ所のうち「おはつぼた」では別のお札を出していたことが判明しているので、『大井川町史』のお札を出していたのは残り4ヶ所のうちのどこか、あるいは4ヶ所すべてという可能性も考えられるでしょうか。お札に「西國」と刷られていることからすると、碑の銘に「西國」とあるのは4ヶ所のうちではこの北島の碑だけなので、もしかしたらお札を出していたのは北島なのかもしれません。

参考文献