青島史蹟保存会「東海道追分」

東海道追分

東海道追分

東海道追分、説明板

説明看板

東海道追分、周辺

直進・旧東海道、左折・古東海道

東海道追分、龍太寺山

古東海道跡と龍太寺山(右)

碑の内容
  • 石碑の表題は「東海道追分」。飯塚正二の書。
  • 説明看板の表題は「(7) 東海道追分」。
周辺の様子
青島町全図+古東海道

昭和初期の「青島町全図」に古東海道の路線を描き加えた図
元図:国立国会図書館 近代デジタルライブラリー:『青島町誌』

Javascriptが有効な場合、上の地図はマウスカーソルを乗せるかタップすると現在の道路を描き加えた図に切り替わります。元の図に戻すには、マウスカーソルをどけるか、図以外のところをタップしてみてください。

この地図には藤枝市下青島・瀬戸新屋・水上・南新屋・青木・前島付近が含まれています。この区間の北側は、志太北部から続く山々の南端である丘が連なる場所で、現在はその丘の上に駿河台・新南新屋をはじめとする団地が建ち並んでいます。

水上はその丘に東西を挟まれた低地で、西の丘の麓には水が湧く場所が何箇所かありました。その最も大きなものが図中にも見られる水上池で、この池は古い昔は南新屋や瀬戸新屋にまで広がっていたという言い伝えがあります。現在では各所に残る調整池などにかつての池の名残が見られます。

瀬戸山の東、新旧東海道の追分

追分というのは道の分岐点のことです。青島史跡保存会が設置した説明看板によると、この場所は、江戸時代に整備された旧東海道と、それ以前に使われていた古東海道の分岐点です。これがこの付近の地名にもなっており、現在も下青島追分地区と呼ばれています。

東海道については、同じく青島史蹟保存会が設置した碑「古東海道蹟」を参照していただくとわかりやすいかもしれません。現在の藤枝市立青島小学校付近にあった瀬戸山の上を通る道が、江戸時代以前に利用された「古東海道」でした。この瀬戸山の東の上り口に古東海道蹟碑が建っています。

瀬戸山を西から下りてきた古東海道は、いったんは旧東海道と合流するのですが、そのまま東へとは進まなかったようです。東海道追分碑があるのは古東海道碑から旧東海道を西へ少し戻った地点で、そこから南東へカーブしている道が古東海道の続きです。この道の北側には以前は龍太寺山という小さな丘があって、現在もわずかな残存部を見ることができます。この南麓を回って、青島高架橋北交差点付近で県道356号に突き当たって途切れる道が、古東海道跡とされています。

古東海道があったところに新たに旧東海道が整備され、旧道と新道の分岐点ができ、この場所は「追分」と呼ばれるようになりました。旧東海道が完成した後も古東海道は必要に応じて通行され、特に龍太寺山南麓を回る道は後に焼津や小川へ向かう道となり、昭和初期まで青島地区のメインストリートとして利用されました。このことを示す道標が「追分の小長谷八兵衛之碑」です。

ところで、瀬戸山西麓の内瀬戸付近にも古東海道と旧東海道の分岐点があったはずですが、こちらは追分とは呼ばれていません。これは、山上を通る道は不便で早くに廃れてしまったことを示しているのかもしれません。事実、昭和初期に編まれた『青島町誌』では、瀬戸山上の古東海道はすでに大半が消滅したとされています。一方、下青島では上述の通り龍太寺山南麓の道が後々まで利用され、名実ともに追分であり続けたわけです。

追分の東、上泉道

さて、追分を東へ通過し龍太寺山南麓を回った古東海道は、説明看板によるとその先の“前島境で初倉からの道と合して南新屋(五叉路)へ通っていた”とのことです。初倉は大井川右岸の島田市阪本・大柳付近、南新屋の五叉路は地元では青木の五叉路と呼ばれている国道1号青木交差点のことです。この初倉からの道は、現在の県道356号の前身、上泉道・上泉街道などと呼ばれていた道がそれにあたるものと思われます。

明治のころの上泉道は、栃山川から青島高架橋南たもとまでは現在の県道356号とほぼ同じ場所を通っていました。その先は現在では消滅した北東への道筋を進んで、青島地下道付近で東海道線を渡りました。鉄道北側ではゆるく蛇行しながら北へ進み、南新屋会館(元・東泉寺)西側で旧東海道に接続していたようです。古東海道は、現在の西友藤枝店の北あたりで県道222号に沿う道筋になり、そこから少し東へ進んだところで上泉道に接続していました。

水上・瀬戸新屋にあった出水地帯

地図上で旧東海道と比べてみると、古東海道はずいぶん遠回りで青島地区を通過していたことがわかります。これは、昔の水上・瀬戸新屋付近が出水の多い湿地や池が広がる土地だったためです。湿地が水田として開発されて縮小していき、江戸時代のころには街道を通せるほどになったのですが、それ以前は大迂回した方がはやいような土地だったようです。

この付近には、このページの初めの方で述べた水上池のほかに、鏡ヶ池や姥の鏡田(「うすんばあさん(姥神様)」を参照のこと)といった水の湧く場所がありました。このように水気の多い土地柄のため、時には出水に悩まされました。江戸時代に編まれた『駿河記』には水上池は大雨の時はあふれて一帯の田野を大池と化したとあり、『青島町誌』にも水上は“排水不良にして水損の虞れあり”と書かれています。

この地区に水神社や大井神社といった水に関わる神社があるのは、こうした出水被害を抑えたいという祈願のためでしょうか。また、瀬戸新屋の旧東海道沿いに建つ鏡池堂は、鏡ヶ池にゆかりのある寺です。

関連項目
古東海道を西へ:青島史蹟保存会「古東海道蹟
古東海道・龍太寺山南麓の道の後の姿:追分の小長谷八兵衛之碑府県道島田焼津線開通之碑
参考文献
桑原藤泰『駿河記』上巻、足立鍬太郎校訂、加藤弘造出版、1932年(国立国会図書館デジタルコレクション
静岡県志太郡役所編『静岡県志太郡誌』1916年(国立国会図書館デジタルコレクション
静岡県志太郡青島町編『青島町誌』1930年(近代デジタルライブラリー
藤枝市立青島南公民館編『平成11年度第10回青島南風まつり 藤枝駅と青島』2000年
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス:2万正式図青嶋村
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス:USA-M85A-6-112