×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青島史蹟保存会の石碑

青島史蹟保存会とは

青島史蹟保存会は、藤枝市青島地区の史跡を顕彰すべく発足された団体です。この会によって、青島地区内16ヶ所に史跡を示す石碑と説明看板が設置されました。

青島地区とは、志太郡青島町だった地域のことです。藤枝市南部にあり、北は瀬戸川に接し、南は大洲地区・高洲地区と接しています。そこに含まれる現在の町名については『藤枝市 - Wikipedia:市内の町 青島』をご覧ください。青島町は昭和29年(1954年)に合併して藤枝市となりました。

参考文献
静岡県志太郡青島町編『青島町誌』1930年(近代デジタルライブラリー
青島史跡保存会『青島の史跡めぐり』1995年
月刊む・る・ぶ編集部『むるぶ』vol.53(2013年2月号) (むるぶweb)
市のプロフィール > 市のあゆみ > 昭和29年から39年|藤枝市
Wikipedia:藤枝市青島町

青島史蹟保存会の石碑

田沼街道蹟(終点)
東海道追分 古東海道蹟 青地雄太郎出生地
軽便鉄道駿遠線蹟 岡野繁蔵出生地 東海道一里塚蹟